屋根の工事・リフォームの費用・相場【見積相場を公開!】

屋根工事相場1

屋根工事の費用相場・価格帯の目安は?

全体的な屋根工事の費用相場

屋根工事の費用を左右する要素は、大きく分けて3つあります。

一つめは、工法です。全面的な工事なのか、部分的な工事なのかによって条件が異なり、全面的な工事なら葺き替え工事なのかカバー工法なのか、部分的な工事なら取り換えなのか補修なのか、など種類がいくつかあります。

二つめは、屋根材です。使用する屋根材によって材料費が変わります。材料には瓦やガルバリウム鋼板や銅板など様々な種類があり、それぞれに特徴や費用が変わってきます。さらに、屋根材によっては縦葺きや横葺きといった葺き方によっても費用が変わってきます。

三つめは、屋根の条件です。屋根の面積、形状、高さ、搬入経路にかかわる立地条件などによって使用する材料の量や種類、かかる手間が変わってきます。

一般的な住宅の全面的な屋根工事を想定しますと、費用の相場はおおよそ50万円〜200万円が相場になります。各工法による費用相場の詳細については、本記事の「屋根工事の種類と相場」を参考にしてください。

屋根工事の見積書のチェック方法

屋根工事の見積書が出てきたら、希望している工事に合致した内容なのか、金額は適切なのかをチェックしましょう。複数の業者から見積もりを取り、比較することができる相見積もりがおすすめです。もし極端に金額に差があれば、どちらかが相場より高い可能性があります。複数社を比較することで適切な工事内容や金額がわかります。

具体的な項目では、屋根材や塗料などのメーカー、商品名、グレードなどが記載されているかチェックしましょう。同じ材料でもメーカーや仕様によって金額が違います。材料や商品名と共に記載されているかをチェックしたいのが「数量」です。屋根であれば代表的なものは面積ですが、軒先の長さや棟の長さなども確認します。「一式」と表示せざるを得ない項目もありますが、あまりに一式が多いようでは正確な見積もりになっているか疑問です。

また、屋根の工事では直接的な屋根工事以外の項目として仮設足場の設置・撤収や解体、既存屋根の解体撤去処分、下地工事などがあります。特に下地は業者によって取り替えるか取り替えないかの判断が変わってきますので、金額にも差が出やすい項目です。

また、工事期間も確認しましょう。工程表の記載はこれらの工種を分けて予定を記載するはずですので、どの工事にどれくらいの日数がかかるのかがわかります。

屋根工事の種類と相場

屋根工事相場2

屋根工事(葺き替え)の費用相場

屋根工事の中でも工事規模が大きく、もっとも確実で費用も高いのが葺き替え工事です。葺き替え工事は、既存の屋根材を取り除いて全て新しい屋根材に取り替える工事です。屋根葺き替えの場合は、新しい屋根材の種類、仕様などによって金額が変わります。他に、下地の交換範囲も影響します。

また、既存の古い屋根材をすべて解体撤去し、運搬、処分費がかかるのが特徴です。費用相場としては、おおよそ100万円前後から200万円くらいになります。

事例

2階建て・屋根面積80㎡程度・寄棟屋根4面

採用屋根材・・・ガルバリウム鋼板

工事価格・・・140万円税抜き

屋根工事(カバー工法)の費用相場

屋根カバー工法とは、既存の屋根の上から新たな屋根材を被せてカバーする屋根工事です。葺き替えとは違って古い屋根はそのまま屋根に残るので、そのぶん重量が加わります。

葺き替えと比べ費用を抑えることができ、工期も短くなりますが、既存の屋根が瓦の場合は施工できません。また、新規の屋根も瓦にすると重くなるためお勧めできません。

費用相場としては、おおよそ70万円前後から130万円くらいになります。

事例

2階建て・屋根面積80㎡程度・切妻屋根2面

採用屋根材・・・ガルバリウム鋼板

工事価格・・・105万円税抜き

屋根工事(塗装)の費用相場

屋根の塗装工事は、既存屋根の塗装を塗り替える工事です。屋根面を高圧洗浄するなど汚れを落とし、下塗り・中塗り・上塗りをします。状態によってはサビ落としなどの作業が追加されます。

費用相場としては、おおよそ30万円前後から70万円くらいになります。

事例

2階建て・屋根面積80㎡程度・切妻屋根2面

塗料・・・シリコン系塗料

工事価格・・・43万円税抜き

屋根工事(リフォーム)の費用相場

屋根のリフォーム工事は、屋根に関わる改修・修理工事の総称ですので、厳密には葺き替えや塗装などこれまでに挙げている工事も含まれています。一言に屋根のリフォームといっても限りなく種類があり、たとえば屋根裏を改造したり屋根形状を変更するといったレアなケースもあるため、こういった工事は内容によって費用は様々です。太陽光発電設備の設置工事なども屋根のリフォームに含まれることがあります。

ここでは事例として屋根の葺き直し工事を紹介します。葺き直し工事とは、屋根材そのものの寿命はまだ問題ないけれども下地やアスファルトルーフィングなどの防水シートの劣化による雨漏りなどの不具合があるケースで、屋根材をいったん撤去したうえでその下の防水シートや下地を取り替え、再び屋根材を戻す、という工事です。主に瓦屋根に多くみられます。

費用相場としては、おおよそ70万円前後から150万円くらいになります。

事例

2階建て・屋根面積80㎡程度・寄棟4面

アスファルトルーフィング全面貼り替え

工事価格・・・90万円税抜き

屋根工事(部分補修)の費用相場

部分補修工事は、風や飛来物によって破損したり飛ばされたりした部分を修理したり、劣化した部分を交換する工事です。また、屋根に伴って設置している雨樋が部分交換や取り換えの対象になることもあります。

屋根のタイプや被害状態や修理交換範囲によって費用は大きく変わってきます。ここでは、金属屋根の棟が台風や強風によって破損した事例を挙げます。

費用相場としては、おおよそ10万円前後から50万円くらいになります。

事例

2階建て・屋根面積80㎡程度・切妻2面

棟板金の交換工事

工事価格・・・20万円税抜き

※台風や地震などの自然災害による被害の場合、加入している火災保険が適用できることがあります。その場合、工事価格の一部または全部が保険金で賄われることがあります。

屋根工事はどれを選べばいい?

屋根工事相場3

目的を明確にして選ぶ

本記事では、屋根工事には葺き替え工事やカバー工法、塗装工事など様々な種類があり、費用もそれぞれ違うことを解説してきました。しかし、それぞれの家の屋根の状態によって向いている工事種類は変わってきます。

では、どのように工事を選べばいいのでしょうか。まずは、屋根をどうしたいのか、どうすればいいのか、という目的をはっきりしましょう。たとえば、今費用をかけても長く維持したいのか。あるいは費用をかけずにもう少し屋根寿命を延命したいのか。それともとりあえず雨漏りを直したいのか、など。

費用をかけても確実に屋根をしっかりしたいなら、葺き替えが向いています。費用をおさえて屋根を延命したいなら、カバー工法や塗装工事があります。とりあえず雨漏りを止めたいだけであれば部分的な交換や修理になります。

しかし、いずれにしても現在の屋根の状態を正しく認識することからスタートしなくてはなりません。

トラブル別に選ぶ

屋根の工事をする理由として、現在何らかのトラブルがあるために費用をかけて工事しなくてはならない場合が多くあります。もっとも多いトラブルは雨漏りです。1か所から大量に雨漏りするのか、複数の箇所から少しずつ雨漏りするのか、また雨漏りにもさまざまな形と原因があります。

最適な方法は、雨漏りの原因が屋根材の劣化なのか、塗装の劣化なのか、あるいは棟など部分的な劣化なのか、劣化ではなく破損などが原因なのかによって異なります。それぞれのトラブルの原因が分かれば、部分的な修理交換で済むのか、塗装を塗り替えるのか、それとも屋根材を新しくしなくてはならない葺き替えやカバー工法がいいのかが決まってきます。

また、家の寿命も考慮しましょう。かなり築年数が経っているのであれば、費用をかけて葺き替えたとしても家のほうが先に寿命を迎えてはもったいないと考えることもできます。

信頼できる業者に診断してもらう

雨漏りの点検や定期点検を行いたくても、素人にはなかなかその判断は難しいものです。部分的な修理交換で済むのか、塗装を塗り替えれば大丈夫なのか、屋根材を新しくしなくてはならないのか、といった判断はやはり専門業者に診断してもらうのがいちばん確実です。信頼できる専門業者に屋根を診断してもらい、アドバイスを受けながら工事種類を選びましょう。

適切な相場で屋根工事を依頼するには?

屋根の工事を適切な費用相場で依頼するにはどうしたらいいのでしょうか。

まずは信頼できる専門業者を選ぶことが重要です。屋根の専門業者か、目的としている屋根材の専門業者が良いでしょう。自社の情報であるホームページなどが充実していて、必要な会社情報や施工事例が紹介されている業者だとわかりやすいでしょう。地元密着で営業している業者もお勧めです。

また、業者を選定する際には、できるかぎり大手の工事業者と地元の工事業者との両方のタイプを候補に入れるようにしましょう。複数の業者から見積もりをもらい比較検討することで、適切な費用であるかだけでなくしっかりした会社か不親切でいい加減な会社か見えてくるようになります。見積金額だけではなく、使用する商品のグレードやメーカーが明確に記載されているか、面積などの数量は「一式」ではなく㎡やメートルで記載されているかも確認しましょう。見積もりをした業者がしっかりとした調査・実測を行って数値を把握していれば、根拠のある正確な数量や単価を入力できますので、その合計である見積金額は正確なものになるはずです。

【まとめ】屋根工事にかかる費用相場

まとめ画像

屋根の工事・リフォームの費用・相場を解説して、屋根工事の種類別での見積相場を公開してきました。

表にまとめると、以下のようになります。

費用相場備考
屋根葺き替え工事100万円前後から200万円使用屋根材により
屋根カバー工事70万円前後から130万円瓦屋根はできない
屋根塗装工事30万円前後から70万円塗料グレードにより
屋根リフォーム工事70万円前後から150万円相場は瓦葺き直しの想定
屋根部分補修10万円前後から50万円保険適用のケースあり

ただし、屋根の工事には複数の種類があり、現場によって条件が異なります。同じ金額になるパターンや事例というものはありません。これらは参考にしかなりませんが、重要なのは信頼できる業者に依頼し見積もりをもらうことです。
現在の屋根の状態によって、どの工事種類が適切なのかが変わってきます。屋根材自体の寿命、塗装・下地の状態などさまざまな要素が重なるため、ベストな工法の判断は専門家でない方には難しいものです。そのために屋根の専門業者がいますので、ぜひご相談ください。

髙橋 直浩

株式会社 高橋ブリキ工房
代表取締役社長

関連記事

  1. 屋根工事詐欺1
  2. 屋根工事瓦1
  3. 屋根工事大手1
  4. 屋根工事見積もり1
  5. 屋根工事タイミング1
  6. 屋根工事リフォーム画像1
PAGE TOP